人と人をつなぐ『パスツールとしてのデザイン展』 RATTA RATTARR

10月21日(土)~11月21日(火)

RATTA RATTARR(ラッタ ラッタル)は、クリエーター(障がい者)とアトリエリスタ(支援員)が共同で1つの作品を製作しています。アトリエリスタは個々のクリエータに適した材料、技術、テーマを共に探求し、商品へ応用できるデザインの制作を目指しています。ただし、本当に良いものでなければなりません。「障がい者が作った物だから選ぶ」ではなく「本当に良いものは良い」と感じてもらわなければ、彼らの力を活かしていることにならないのです。

このプロジェクトは、アートという個性の表現、就労支援での機能的価値の向上、そこにデザインという意味的価値を加えることで、その可能性を広げ、ひいては社会における相互理解や共生を推進する発信地となるべく活動しています。人と人とをつなぐ『パスツールとしてのデザイン』というテーマで作るRATTA RATTARRの作品たち。ぜひご覧ください。

2017年10月21日(土)~11月21日(火)
北の住まい設計社 東川ショールーム

≪東川町デザインスクール≫
RATTA RATTARR代表 須長 檀氏
講演 10月21日(土)14時~

デザインとクラフトによる障がい者自立支援を行う、ひゅーまにあ軽井沢の活動について、スウェーデンの”フォルムベルクスタンのお話し他、アトリエの活動を通して見えてきたデザインのあるべき姿、抱える問題点、今後のデザインのありかたについてご講演いただきます。


≪RATTA RATTARR原画展≫
10月21日(土)~11月21日(火)
会場/文芸センター講堂