日本の手仕事展

2021.1.2(土)~

東川ショールーム

特別な日ではなく、繰り返し訪れる日常のなかで使われる器。
美術品ではなく、生活雑器としての器。
素朴で、あたたかみがあって、どんな食卓をも包みこんでくれる
そうした器の健全な美しさに惹かれます。

益子焼(栃木)、出西焼(島根)、小鹿田焼(大分)、小石原焼(福岡)、沖縄のやちむんや琉球ガラス、古くからその土地の風土に根付いた焼きものやガラス器。

今日まで受け継がれてきた、職人の確かな手仕事と志から生まれる器たちの魅力をご紹介したいと思います。