GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

Grace Chair 木取

Grace Chair 木取

ここ数日良い天気が続いている東川。
田んぼに水が入り、例年と変わらない美しい景色が広がっています。

工場では、Grace Chairの製作が始まっています。
今日は青空の下で後脚の木取をしていました。

大まかな形にカットするための線を描いていきます。

カメラを向けると「そんなに映えることしてないよ」と照れるマツモさん。

椅子の脚に適さない部分を避けながら、且つ出来るだけ効率よく取れるように。
木を見極めながら取る位置・角度を決めていきます。

簡単そうに見えるかもしれませんが、家具作りにおいて最も責任の重い作業だと、僕は思います。
木材を生かすも殺すもこの線一本で決まってしまうわけです。

なかなか映える作業だと思います。

数メートル先には森。
森の中で作っていること、伝わるでしょうか。

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More