GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

椅子メンテナンス

椅子メンテナンス

メンテナンス依頼の椅子が届きました。以前製作していたBasic Arm Chairという椅子。

張替えのため座を剥がし、ゆるみがあった肘の修理を進めています。


ほぞに薄い木を貼ったりしても十分な強度は出ないので、ほぞがあった肘の方にも穴を開け「雇いほぞ」にします。

新たにほぞとなる木片を中に入れるから「雇いほぞ」。

修理は、製作とはまた違った技術と考え方が必要で、難しい作業になります。

この後のメンテナンスの様子もお見せしたいと思います。

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More