GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

工場見学

工場見学

道路から見える木々の中の工場やショールーム、カフェが
北の住まい設計社の風景を作っています。
でも、その奥にある工場や木取り場、天乾庫がもっと大きく多くの人が働いていることは、
見学をした人しか知りえない所です。

運ばれて来る木材は3~4年の乾燥の時間を経て、職人の手で家具になります。
その間、木材は人の手で風の当たる所を変えながら、少しずつ乾燥してゆきます。

圧倒的なボリュームの木材、大切な木を守る職人さんを
是非、見ていただきたいと願います。

家具への愛着も変わってくるのではと思います。

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

SHOP NEWS

More

BLOG

More