GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

試作

試作

しばらく更新が滞ってしまい申し訳ありません。

工場では新作・モデルチェンジの家具の試作を進めてくれています。

1枚の図面から、あっとゆう間に形ができていきます。

図面でおおよその形は掴んではいますが、やはり作ってみてわかることも多いです。

木の質感やボリューム感、手触り、曲面の表情、家具としての佇まい、陰影が作る印象、、

スケッチやCGでは見えない感覚的なものが、作ることでより確かなものになっていきます。

一度の試作で決まることはまずないですが、「Asahikawa Design Week」に合わせて一度みなさまに見ていただく場を作る予定です。

“これまで”と”これから”の北の住まい設計社をお伝えしたいと考えています。

夏至祭も3週間後に控えて、予報もまだ出ていませんが晴れることを祈るばかりです、、


<< 16th midsummer festival HP >>

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More