GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

手で仕上げる

手で仕上げる

Grace Chairが着々と完成に近づいています。

後脚と笠木の接合部は、複雑な角度の面と曲面が交わる部分。

ここを滑らかに仕上げられるのは手鉋しかありません。

鉋で段差を均したあと、ヤスリで表面を整えます。

鋭角になっている角は、特に気を使う部分。

角が立ちすぎていると座り心地に影響しますが、角を落としすぎると椅子全体のシャープさが損なわれてしまいます。

たかが紙やすりと思うかもしれませんが、ひと擦りで表情が変わったりするものです。

まとまった数での製作。

同じクオリティで仕上げ続けるのは根気がいりますが、着実に技術は身についていきます。

Grace Chairは比較的シャープな佇まいの椅子ですが、こういった手仕事によってあたたかみが醸し出されていくのでしょう。

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More