GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

皆伐現場からの救出

皆伐現場からの救出

先日、厚沢部町の鈴木木材さんに伺った際、近くの伐採現場を案内していただきました。

丸太が整然と積まれた姿は美しく、畏敬の念を覚えるほど。

しかしこの丸太たちはチップにされ、パルプの原料として使われるそう。

中には家具材として使える木も混じっているため、鈴木さんはこの中から丁寧に選別して、有効に活用する術を探ります。

運び出される前に待ったをかけて、選別させてほしいと頼んで。

木材を切り出すためというよりは、敷地を造成するための皆伐。

こういった業者は、手間をかけて選別しても利益が出ないからという理由で、まとめてチップにしてしまうそうです。

鈴木さんと話していると、山や林業の実態を垣間見ることができます。

昨今の世界情勢の影響で道産材の需要が高まり、原木市場には過去に類を見ない量の出品があるそう。

それはつまり、それだけ多くの木を切り出しているということです。

私たちは、鈴木木材さんの協力があって、幸いにも安定的に木材を手に入れられています。

しかし、これもいつどうなるかわからず、今も小径木が増えているのが現実です。

このような状況にあって、私たちは木材をより貴重な資源として認識しなければいけません。

私たち自身の価値観を更新すること。

無垢材が持つ魅力を表現し、お伝えしていくこと。

北海道の豊かな森が失われてしまってからでは遅いのです。

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More