GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

Extension Table Classic 天板合わせ

Extension Table Classic 天板合わせ

Extension Table Classicは、補助天板2枚が付属しています。

天板の継ぎ目に段差があってはテーブルとしての機能が損なわれますから、一枚一枚調整する必要があります。

さらにExtension Classicの場合、補助天板2枚は同じ形をしており、入れる順番を指定していません。

そのため、【補助天板を入れない時・1枚入れる時・2枚入れる時・左右入れ替え】全ての組み合わせで段差がないように調整していきます。

順番を入れ替えて、

手で撫でて段差がないか確認します。

段差があったら少しずつ削ります。削りすぎると入れ替えた時にそこが段差になってしまいますから、ちょうど良いところで止めます。

一台一台、この作業を経てから塗装へと進んでいきます。

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More