GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

Curio Cabinet組み立て

Curio Cabinet組み立て

 

Curio Cabinet 製品紹介ページへ

通称「キュリオ」と呼ばれる、伝統的な框組みで作られるキャビネット。

框、扉、引き出しと多くのパーツを組み上げる家具で、工程の多さは北の住まいNo.1ではないでしょうか。

その「キュリオ」本体の組み立てに、途中からではありますが立ち会うことができたのでご紹介します。

ほぞ・ほぞ穴ひとつひとつにボンドを入れていきます。

ほぞの位置を合わせて…

玄翁で叩いていきます。

1ヶ所だけ入りすぎたりするとよくないので、全体が均等に入って行くように、バランスを見ながら。

ある程度叩き入れたら、クランプで締め上げていきます。

この時も、均等に少しずつ力がかかるように。

クランプのかけ方が悪いと矩手(直角)が狂うので、注意を払います。

最後にはみ出たボンドを拭き取って、やっと一安心。

ボンドが乾いてしまうとクランプで締めてもほぞが入っていかなくなることがあるので、組み立ては時間との勝負です。

組み立て前の準備や段取りが非常に重要な作業。

 

この職人は、急いでいるようには全く見えないのに、誰よりも早く家具を作ります。

それは決して雑な仕事なのではなく、段取りの上手さ、手際の良さによるもの。

若手の職人にとって、見ているだけで学びを得ることができる、貴重な存在です。

「キュリオ」完成まで追いかけていこうと思います。

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

SHOP NEWS

More

BLOG

More