GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

今日の工場

今日の工場

工場ではCurio Cabinet、Round Tableともに塗り場に入り、次の製作物へと移っています。

施工中の住宅に入るオリジナルの洗面台の加工中。

この加工は一度進み始めると後戻りできず、ずれると取り返しもつかないので、緊張感があります。(本人はそうでもないかも)

加工がひと段落するまで戸の隙間から隠し撮り。

 

塗り場では、立教大学の食堂で使われている椅子が、修理・メンテナンスの途中。

他にもメンテナンス待ちの古い椅子がありました。

使い込まれた家具には、新しいものにはない深い色と艶があります。

無垢材で作られた家具は、出荷時にはまだ未完成のような気がします。

毎日、暮らしの「道具」として使い、たまに手入れをしてあげること。

傷や日焼けは、時間を共にした証。家具には思い出が刻まれていくように思います。

そうして愛着を持って付き合って行くことで、初めて家具は完成するのではないでしょうか。

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More