GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

Grace Chair 隅木

Grace Chair 隅木

Grace chair の隅木の取り付けが進んでいました。

隅木とは、あらゆる家具の内隅につけるパーツ。三角構造を作ることで歪みを抑えることができ、強度も上がります。

機械の刃の角度を調整して切っていきます。

チェストなどの四角い家具であれば角は直角なので45°に切ればいいのですが、椅子の場合は角度が複雑なので現物に合わせて微調整する必要があり、時間がかかります。

一脚につき4ヶ所隅木がつきますので相当な数になります。隅木ひとつにつき5ヶ所の穴あけですから、5×4×120=2400回の穴あけ、、

※音量注意

ひとつひとつ、ピッタリとつくようにグッと押さえながら取り付けていきます。

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More