GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

16th 夏至祭を終えて

16th 夏至祭を終えて

MANY THANKS!!

スタッフみんなで日に何度も予報をチェックをし、心配しながら迎えた当日。
曇りから小雨…と、なかなかお天気には恵まれず、ついに午後からは本格的な雨に。
自然界の生き物たちにとってはこれも恵みの雨、と思いつつも野外のイベントとしてはつらい状況。
夕方からのパーティーは、急遽工場内のギャラリースペースで行いました。

そんな中、最後までご協力くださった出店者の皆さま、出演者の皆さま、
そして、足を運んでくださった皆さまには感謝でいっぱいです。

次の日は、前日の雨が嘘のように気持ちの良い青空の天気に。
木陰で休みながらマーケットを楽しんでいただく姿を見ることができました。

1年でいちばん日の長い夏至の日。自然の中に身を置く時間に幸せを感じます。
その喜びをみんなで分かち合えたら、というシンプルな想いから夏至祭はスタートしました。
たくさんの出逢いがあり、たくさんの方に支えられていることを感じ、
たくさんの方と想いを共有し合い…そんな16回目の夏至祭。

毎年お天気には悩まされるところですが、
終わってみると、結果は最善、守られていることが感じられます。

いつものように、今から来年のお天気を祈りつつ…。

本当にありがとうございました!

16th 夏至祭を終えて
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
16th 夏至祭を終えて

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More