GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

M-chair Rocking 2

M-chair Rocking 2

椅子の製作には複雑な加工がつきものです。

肘掛けを支える部材。

木工用語で「蟻」と呼ばれるハの字に広がっている形。

ここに入ります。一方向からしか抜けない形なので、外側に逃げる力に強くなります。

正確で安全な加工をするための定規のようなものを総称して「治具(ジグ)」といいます。

複雑な家具になるほど、治具の数が増えていきます。写っているのはごく一部。

「家具作りは治具作り」と言っても過言ではないほど、精度と生産性を左右します。

一本一本角度の異なる部材は、微調整を繰り返しながらほぞの角度を合わせていきます。

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More