GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

Grace Chair 脚成形

Grace Chair 脚成形

前回切り出している様子をお伝えしたGrace Chair後脚の加工の続き。

治具(ジグ)と呼ばれる型に材料をセットし、高速回転する刃物に型を沿わせて削っていきます。

刃物が大きく、抵抗も大きいので緊張感の続く作業。

撮影するほうも気を使います。

新しい機械を導入している工場では、コンピューター制御の機械であっという間にできてしまう加工かもしれません。
でも私たちは、個性豊かな北海道産の木を、適材適所見極めながら作っていくことを大切にしています。
木目の現れ方や、わずかな割れ、小さな節。
それらを職人の目と経験で瞬時に削るべき面を判断し、よりよい表情の家具へと導いていきます。

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More