GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

Lilla Aland 組み立て

Lilla Aland 組み立て

夕方工場に行くと、ちょうどLilla Alandの組み立てをしていました。

スウェーデンからは、座板と背もたれだけが組まれた状態で届きます。
脚を組むと重ねられなくなり、ほとんど空気を運んでるようなものになるので、効率よく運ぶための工夫です。

脚と貫を組み、

力強く叩き込んでいきます。

左手で添えているのは、脚の丸みに合わせて削り、革を貼った当て木。
木をへこませずに、無駄なく力を伝えるための道具です。

最後にねじれがないか確認して修正し、組み立て完了。

続々組み上がっていきます。
この後、脚の長さを合わせたり削ったりという細かな作業が残っています。
その様子は以前のブログでも紹介していますので是非ご覧ください。

< Lilla Aland 調整 >
< Lilla Aland カラーリング >

< Lilla Aland 商品詳細 >

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More