GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

真冬の工場

真冬の工場

昨日まとまった雪が降った東川。

そんな中でも、職人たちは厚着をして家具作りに向き合っています。


木屑で真っ白になりながら、Grace Chairの後脚を削っています。


いくつもの製作物を同時進行で進めているのに、動きに迷いがありません。
全ての工程が頭に入っているからこそ成せる技。さすがです。


木取り場では、華麗なハンドルさばきで材料を移動していました。

北海道の冬はまだまだ続きますが、この厳しい冬があるからこそ、木には美しい木目が刻まれます。

長い歴史が刻まれた木を、森から分けてもらっていること、
それを使って家具を作らせてもらっていること。

改めて、間違いのないものづくりをしなければ、と思います。

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

SHOP NEWS

More

BLOG

More