GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

特大天板

特大天板

現在工場では特注の大きな天板数枚を製作中。

最大幅は3mにもなります。

あまりにも大きいので2人がかりで矧ぎ合せていきます。

板矧ぎ専門の職人さんが活躍。

現在、北の住まい設計社の家具の板矧ぎは全てこの職人さんの手によって行われています。

板矧ぎも、家具の組み立てと同じで時間との戦いです。

様子を見に行ったとき、ちょうど最後にして最大のものの矧ぎを始めるところだったので、僕も参戦。

これほど大きなものの製作をすることは多くはないので、職人同士で相談しながら、なんとか難しい加工をこなしてくれました。

尊敬し、信頼できる職人が近くにいることが、家具のデザイン、そして住宅を作っていく上でもこの上ない強みだと思います。

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More