GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

スウェーデン便り Vol.01 / emi

By
スウェーデン便り Vol.01 / emi

Snart är det PÅSK!  / もうすぐイースター

はじめまして。スウェーデンのGöteborg(ヨーテボリ)で3人娘と暮らしています、emiです。

スウェーデンでは3月の最後の日曜日からサマータイム(日本との時差、7時間)も始まり、太陽が出る日も増え、みんなが心待ちにしていた季節がやってきました。
自転車で通勤する人、ガーデンで本を読む人、カフェやレストランでも屋外でのサービスが始まり、ワイワイガヤガヤ、笑顔な人たちで溢れ、日光浴をする人達でワッと明るくなりました。(最高気温は10度ほどですが。)

北欧の長ーい長ーい冬とはサヨナラです。毎年この季節になると、太陽の有り難さを再確認。太陽さんに感謝。TACK !! 北欧にも春が来たということは、クリスマス、夏至祭に続き、重要である行事の一つ、復活祭・イースターがやってきます。

イースターが近づくとお花屋さんや、マーケット、街のあちこちにも、いろんな花を見かける様になり、その中でもよく見かけるのは水仙の花。イースターの象徴ともいっても過言ではない。

鮮やかな黄色い色がとても可愛らしい。ここ何年間で白い水仙もよく見かける様にもなりました。(個人的には白いのが好き!)街中が一気に明るくなり、気分もハッピーになりますね。

今年のイースターは例年より遅めの4/15~18まで。お店やスーパーでも卵の飾り付けや、鳥の羽にカラーをつけたもの、鶏の置物などなどが販売される様にもなります。

また学校はイースター前後で一週間の休みとなります。スキーに行く家族もいれば、親戚たちで集まってパーティーをしたりして過ごします。その際にお花や、卵の形のした入れ物、Påskägg (ポスクエッグ)にお菓子をたくさん入れてお家を訪ねることが習慣で、子供達も大人達も飾りや料理を楽しみます。

遠くに住んでいる家族や、友人にはメッセージカードを送ったりと、昔ながらの習慣も未だ続いていて、心が暖かくなりますね・・・

私たち家族は今年はお家で卵に絵をかきならゆっくり過ごすことになりそうです。

みなさまも素敵な春をお過ごしください!

それでは、また!  

Vi ses!

/ emi

About The Author

emi
大阪府出身。2007年にスウェーデン に単身で渡り、テキスタイルに関わる学校、仕事に就き、3人娘と共にのんびり田舎暮らしをていました。
3女の産後、まだまだ学業に専念したいと思う様になり、2019年よりGöteborgに引越しし、現在学生生活を送ってます。スウェーデンでのリアルな生活の様子をお届けできればいいなと思います。
Follow :

COLUMN

SHOP NEWS

More

BLOG

More