GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

M-chair Rocking治具

M-chair Rocking治具

今日は秋晴れの東川。

徐々に厚着になってきた職人さんたち。
工場には大きな薪ストーブがありますが、古い体育館(天井高い・隙間だらけ)のためなかなか暖まりません。

M-chair Rockingを製作中。

ここにあるもの全てこの椅子を作るための治具です。
治具(ジグ)とは加工精度や効率を上げたり、加工を容易・安全にするための手製の道具のこと。
加工が複雑になるほど治具の数は増えて行きます。
ちなみに治具は英語のjigの当て字。海外でも通じます。

様々な治具や定規を駆使しながら、確実に加工を進めて行きます。

About The Author

北の住まい設計社デザイナーShiroura
1995年帯広生まれ。家具(またはギター)職人を志し、おといねっぷ美術工芸高校に進学。
そこでデザインと出会い、大学では家具にとどまらず、建築やグラフィックのデザインも学ぶ。
2018年北の住まい設計社に入社。1年ほど家具製造に従事した後、現在は主に製品開発や特注家具の設計を担当。

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More