GOOD NEWS PRESS by KITANOSUMAI SEKKEISHA

Extension Table Classic 制作

Extension Table Classic 制作

工場の廊下に並ぶ製作中の「Extension Table Classic」。
幅のサイズを調整する伸張の仕組みも無垢材で作る、職人の技が光る一品です。
作りの複雑さでは北の住まい設計社の家具の中で1番とも言えるのではないでしょうか。
無垢材という生きた素材を扱うため、後になっても狂いが出ないよう高い技術が求められます。

ちなみに、作りがシンプルなのは「Desk 2 Drawers」。
若手の職人さんはこのデスクから始まり、徐々に難しいアイテムをこなしていけるようになっていきます。
(ただ、デスクといっても他のデスクは手が込んでいるため難しい部類になります。)

天板の絶妙なカーブも、手作業で確かめながら作り出していきます。

レールの部分の細工もベテランの職人の手仕事で。※機械音が入りますのでご注意ください。

北海道の美しい無垢の木を使った、時間も人の手もたっぷりとかけて作られるテーブル。

一生物に値するのではと思います。

About The Author

北の住まい設計社企画・デザインMakino
東川町生まれの東川町育ち。高校卒業後にスウェーデンに留学し、テキスタイルやデザインを学ぶ。帰国後に北の住まい設計社に入社。3児の母。

COLUMN

BLOG

樹から木、そして家具へ
【スタッフブログ】
北の住まい設計社の家具は、北海道で育った無垢材だけを使って作っています。木は、家具材として使えるまで最低でも60年、森に立っていたんです。
More